植毛の失敗について

失敗せず、成功させるには知識も必要です

薄毛は悩みのひとつでもある場合、育毛剤を使用したりマッサージなどをして発毛や育毛を試みます。確実に薄毛を解消するには植毛があります。しかし、植毛も絶対に大丈夫ということでもなく、場合によっては失敗に至ってしまう可能性は否めません。植毛は成功すれば自分の髪の毛のように自然に生えてくるようになるため、成功するように事前の知識が必要です。

手術後に髪の毛が生えてこない

手術後に髪の毛が生えてこないことがあります。植毛には定着率があり、殆どのクリニックでは定着率90%以上としています。定着率が100%ではないため、生えないこともあるわけです。また、手術後から1〜2ヶ月経ったことから抜け毛が増え始めます。これは自然なことなので問題はないのですが、手術後に既存の髪の毛が抜け落ちる現象が起こることもあります。

手術後に傷や痛みが残ってしまう

手術法は傷は残る場合があります。手術には2つの方法があり、メスを使わず傷が残りにくい手術法とメスを使う手術法は縫合痕が1本の線状に残ります。また、メスを使わない手術法は数日痛みが残り、かさぶたになり痒みに移行し、メスを使用する手術法は1週間程度は痛みが残ります。また、メスを使用する場合は後頭部を縫合せるため寝る際の姿勢は制限されます。

見た目の髪の毛がまばらで他人に知られてしまう

植毛自体は自分の髪の毛を移植するため、カツラなどを使用するよりも自然で他人に知られることはありませんが、手術後は、傷が残り包帯を巻いているため、生え揃う前でもあるため、まばらな印象にはなり知られる可能性は考えられます。包帯を巻いているのは手術当日とその翌日の合わせて2日間なので、その期間だけ乗り切ると知られる心配は少なくなります。

失敗を成功にするためには

植毛の失敗は、勘違いや知識不足から起こっている可能性があります。定着率は90%以上で、手術後過ごし方も食事、ストレス、正しい洗髪などを守ることで定着率はあがるのです。また、既存の抜け毛は実は失敗ではなく正常な毛周期で起こる現象で、3〜4ヶ月後には生えてきます。正しい植毛の知識を知ることは植毛を成功へ導くのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ