ひげ植毛の植毛を行う人の年代と悩みについて

欧米を中心に人気があります

ヒゲのある男性がオシャレでセクシーであるという考え方が注目を集めています。しかし、いくらヒゲを蓄えたいと思っても、体質的に薄い人などもいます。その悩みを解消するべく生まれたのが、植毛という方法です。これは、頭皮の毛を採取し、ヒゲを生やしたい部分に移植するというもので、自分の細胞ですので、拒否反応などの心配はありません。

行う人の年代について

ヒゲの植毛、以前はFtMという性同一性障害の人やケガや先天的な事情によりヒゲが薄いもしくは生えない部分があるなどを理由として植毛を希望することが多かったようです。しかし、最近は美容やファッションに気をつかう男性も施術を希望するケースが多くなってきています。
若い年代だけではなく、幅広い年代で希望する人がいるようです。

移植する本数について

手術に関しては、希望に合わせて頭皮から毛を採取し、希望する部分に移植するということになります。移植した毛は、定着しますので抜け落ちてもまた新たに生えてきます。元々は髪の毛ですので、生えてくる毛は髪の毛のようにしっかりとした太い毛です。ある程度の濃さを希望するのであれば、1000本以上、希望によっては2000本程度を移植する必要があります。

おおよその費用について

ヒゲの植毛は、保険対象外の手術ですので、当然のことながら保険は適用されません。そのため、手術に掛かった費用は全額自己負担となります。費用の目安としては、移植する毛の本数によっても異なりますが、1000~2000本程度で平均40~60万円程度です。
なお、手術後のメンテナンスについては特に必要はありません。

今後の動向についての予測

欧米を中心に注目を集めているヒゲの植毛手術は、今後日本でも流行するかもしれません。ヒゲが薄いという悩みを持っていた人にとっては、まさに夢の様な手術と言えません。現在、手術をうけることが出来る医療機関は限られています。今後はより多くのところで手術を受けることが出来るようになるのではないかと考えられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ