アンダーヘアとわき毛の植毛を行う人の年代と悩みについて

人にはなかなか言えない悩みがあります。

薄毛という症状が現れるのは人それぞれですが、主に40代が中心です。しかし早い人は10代、20代から悩みを抱えています。植毛を受けるのに年齢はあまり関係ありませんが、手術に耐えられる体力があるかが重要になってきます。植毛を受ける箇所は様々ですが、髪の毛に比べるとアンダーヘアやワキ毛で悩む人は少ないです。

生まれてから大人になるまでの体毛について述べています。

人間に生えている毛は二種類あって、細くて短い産毛と頭髪、胸毛、わき毛等の太くて濃い毛に分けられます。体毛数は一人ひとりの遺伝子レベルで決まっているので、生まれて青年になってからもその総数はほとんど変わりません。思春期の頃、急に髭や体毛が生えて大人になったと感じても、実際にはもともと生えていた産毛の色が濃くなってきただけなのです。

体毛には二種類あります。

体毛の発育には、男性ホルモンも女性ホルモンも両方ともが重要な働きをします。体毛には二種類あって、無性毛と性毛があり、性毛であるアンダーヘアやわき毛に男性ホルモンが作用して毛母細胞の細胞分裂を活発にし、毛を生えさせます。男性は分泌が盛んな為、髪、胸毛、陰毛上部の下腹等を発毛し、四肢の毛もより濃くなります。

年代にかかわらず脱毛の可能性は誰にでもあります。

男女共に体毛について幅広い年代で悩みを抱えていて、年齢を重ねるごとに増加します。年齢によってはある程度仕方ないとしてもその進行が急速で年齢に不相応な感じで脱毛がひどい場合は、甲状腺の病気や精神的ストレスで自立神経働きがうまくいっていない可能性も秘めています。その場合若くても髪の毛だけでなくワキ毛、陰毛等も薄くなる症状が現れます。

ストレス解消で健康な体づくりを心掛けましょう。

甲状腺機能低下症という病気の場合、髪の毛だけでなくワキ毛、陰毛等も薄くなり、さらに眉毛の外側1/3程が脱毛で薄くなる症状が現れるます。自分でチェックが出来ますし、治療をすれば髪や体毛は元の状態に戻ります。ストレスは脱毛だけでなく内臓や自立神経等にも悪影響をもたらします。ストレス解消と健康的な食生活を心掛ける事が体全体の健康に繋がるのです。

PR⇒ポケモンGO 格安SIM

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ